出産後の腰痛

柏市・柏駅のママさん、こんにちは!てあてサロン柏整体院です!
 
当院には出産後の多くのママさんが、身体のお悩みを解消するために施術を受けにいらっしゃいます。
 
出産後の悩みの中で代表的なものの1つ、腰痛。出産後に腰痛がひどくなってきて、我慢できないほどツラくなるママさんがいらっしゃいます
 
例えばこんな悩みありませんか?
 

  • 腰が痛くて、赤ちゃんを抱っこするのがツラい
  • 料理をするためにキッチンに立つのもツラい
  • 腰が痛くて、色々なことがイヤになってしまう etc

 
でも大丈夫、その腰痛はしっかり解消していくことができます。
 
出産後の腰痛がなぜ起こるのか、そしてどんな対処をするべきなのか、わかりやすくお話しますので、産後の腰痛でお悩みの方は、ぜひお読みください!
 

産後の腰痛、骨盤の開きがポイント

骨盤出産によって、ママさんの骨盤は開いています。骨盤が開くのは出産のために仕方がないのですが、問題は出産後に骨盤が戻らないことにあります。
 
骨盤が左右に大きく開いているということは、開いている分だけその周辺の筋肉に負担をかけているということです。
 
特に、お腹周り(直腸筋)・お尻(臀部)・ふくらはぎ部分に負担がかかっており、筋肉が緊張してしまって、腰部分にも緊張が起きてしまいます
 
それと同時に、出産時には「リラキシン」という関節をゆるませるホルモンが分泌されており、仙腸関節という部位が緩みます。これは骨盤の「仙骨」と「寛骨」の間の関節のことなのですが、これが緩むと骨盤も歪んでしまい、腰回りの筋肉が硬縮・緊張していきます。
 
こうして腰に負担がかかっていき、腰痛が起きるのです。
 

そもそも、出産前から腰に疲労が蓄積している

またそもそもの話ですが、出産前、赤ちゃんがお腹がいるときに腰には負担がかかっています。
 
赤ちゃんがお腹にいることで、身体のバランスが崩れて、ジワジワジワジワと姿勢疲労が蓄積しています。
 
妊娠中に身体のケアをすることは難しいので、その疲労はなかなか解消されません。
 
その蓄積が、出産後の問題と合わさってしまい、ひどい腰痛に繋がっていくのでしょう。
 

産後の腰痛のための施術

それでは、どうすれば産後の腰痛を解消していけるのでしょうか?当院では、産後の骨盤矯正という施術を行っています。
 

出産で開いた骨盤を閉じる
出産によって骨盤は、左右に大きく開いています。骨盤が開くと臀部、下腹部、大腿部、下腿部に負担をかけて筋肉をコリ固まらせて、緊張が生じます
 
そしての緊張が腰の影響して腰痛が起きています。
 
ですから骨盤の開きを閉じて、腰周辺部への筋肉の負担を取り除いていきます。

 

腰周辺部を丁寧に緩める
また腰に負担をかけている筋肉の緊張を緩めていきます。すで挙げた通り、お腹周り(直腸筋)・お尻(臀部)・ふくらはぎ部分が特に腰に不安をかけています。
 
身体の奥の筋肉まで緩めていく施術で、腰への負担を取り除いていきます。

 
上記2つに加えて、当院ではオリジナルのそして超効果的なセルフケアをお教えして、それを実行していただきます。そうして骨盤の戻りを定着させて、腰痛もなくしていくのです。
 
もしあなたが、本当に「出産後の腰痛をなんとかしたい」「他の院で施術受けたけどダメだった」「後悔したくない施術を受けたい」と思っているのであれば、ぜひ当院の産後の骨盤矯正をお試しください。
 
500人以上のママさんが施術を受けて、腰痛のお悩みを解消していっているので、あなたも安心して受けていただきます。もちろんお子様連れもでもOK!
 
一緒にお悩みを解消していきましょうね!
 
産後の骨盤矯正


産後の骨盤矯正の最新記事

症状別記事