頭痛(緊張性頭痛)

頭痛柏にお住まいのみなさま、こんにちは!てあてサロン柏整体院です。
 
頭痛で悩まされることありませんか?実は頭痛で困っている人はすごく多いんです。
 
特に、こんなことが起こりやすいです。
 

  • 季節の変り目に、頭痛が起ってしまう
  • 疲れが溜まると、頭痛が出てくる
  • 夕方になると頭痛が起こる
  • 頭痛のせいで、会社を休むときがある
  • いつ頭痛になるかわからないので、頭痛薬が手放せない

 
こんな頭痛は、緊張性頭痛と言われています。頭痛薬やロキソニンなどを使う人が多いですが、実はこの頭痛、整体施術で解消でき、かつ頭痛が起きないような身体に変えていくこともできるんです。
 
もしあなたが、頭痛で悩んでいるなら、ぜひこの先をお読みください。生活が一変するかもしれません。
 

緊張性頭痛が、起こる理由

 
この緊張性頭痛が起こる仕組みというのは、非常にシンプルです。
 

・頭への血流が悪くなる
・後頭部の神経が圧迫される

 
ということで起こります。
 
じゃあなんで血流が悪くなったり、神経が圧迫されたりするかというと、筋肉がコリコッリに硬縮してしまうからです。
 
後頭部・首・肩、もしくは肩甲骨・背中まで筋肉が凝り固まって、頭への血流が滞ったり、神経圧迫が起きます。
 
特に首の付け根の筋肉は重要で、ここと後頭部が硬縮すると、緊張性頭痛が起きやすいです。
 
つまりこの筋肉の硬縮を緩めていけば、頭痛が解消されるということです。
 

自律神経が乱れて、首肩が固まる

また、季節の変り目に頭痛が起きるのは、どういった理由でしょうか?
 
季節の変り目には、寒暖差がはげしく、身体が気温差に追いつきません。そして自律神経が乱れてしまいます。
 
自律神経が乱れると、首肩が緊張しやすくなり、凝り固まっていく傾向にあります。
 
なので頭痛が起こるわけです。季節の変り目の頭痛にも、理由があるんですね。
 

緊張性頭痛を解消するには

それでは、てあてサロン柏整体院では、どのような施術を行うかという・・・
 
①上半身を丁寧に緩める

緊張性頭痛の場合に、後頭部だけを緩めることはしません。上半身全体を緩めることが多いです。
 
例えば、後頭部はもちろん、首・肩・背中・肩甲骨周り、腕の筋肉を緩めることもあります。
 
こういった箇所にアプローチしていくことで、頭部への血流を良くすると同時に、血流が悪くなりにくい状態にしていきます。

 

②深い筋肉にアプローチ

また重要なことは、身体の奥にある筋肉、深層筋というものにアプローチすることです。
 
身体の表面の筋肉だけ揉むと、痛みが出てしまいますが、本当の原因である深層筋にアプローチすることができれば、身体への圧迫がすぐに解けてきて、血行が流れだし、痛もスッとなくなっていくことでしょう。
 
きちんと深層筋にアプローチできる施術を探すことが、頭痛施術には重要です。

 
美顔小顔通常の整体施術でも緊張性頭痛には有効ですが、ちょっとひどい場合は、美顔小顔整体を受けることもおススメします。
 
これは美容目的だけではなく、頭痛にも非常に有効です。顔の筋肉・後頭部・首を緩めるので、頭部の血流の循環が非常に良くなり、スッと頭痛がなくなっていく人が多いです。
 
しかも、女性だけでなく男性も受けていかれる人が多いんです。
 
 
覚えておいていただきたいのは、緊張性頭痛をなくすには、薬は必要ないということです。整体で対処可能で、しかも頭痛が起きにくい状態にもなれます。
 
もしあなたが頭痛で悩んでいて、今度こそその痛みから解放されたいと願っているなら・・・ お気軽に当院にご相談ください。
 
一緒に元気になっていきましょう!


頭痛の最新記事

症状別記事