【ダイエット】カロリーオフ? カロリーゼロ?

柏のみなさまこんにちは!てあてサロン柏整体院のK子です。
 
今回はダイエットしている方には心惹かれる「カロリーゼロ」について、少し書いていこうと思います。
 
ダイエットをする時、気になるのはまずカロリーという方は多いかと思います。
 
最近はファミリーレストランやコンビニでも、食べ物のカロリーが表記されていることが多いです。ダイエット中にはとてもありがたいです。
 
ダイエット始めたばかりの時には、赤飯のおにぎりと鮭はらみのおにぎりのどちらがいいのか、よくわからないんじゃないでしょうか?
 
カロリー表記はダイエットの味方です。
 
でも、カロリーオフやカロリーゼロには落とし穴がありますので、注意が必要なこともあります。
 

カロリーオフって? カロリーゼロって?

カロリーオフというのは、100mlにつき20kcal未満であれば、表記可能なのです。500mlのペットボトルなら99kcalでもカロリーオフ表記できます。
 
また、カロリーゼロというのは、100mlにつき5kcal未満であれば、表記可能です。500mlのペットボトルなら24kcalでもカロリーゼロ表記できます。
 
また、カロリーを低くするため、砂糖でなく人工甘味料を使用する場合もあります。人工甘味料は種類があり、それぞれメリットデメリットありますが、砂糖より甘みが強いものが多いため、味覚が鈍くなりやすくなります。
 
そうすると、その飲み物単体でのカロリー摂取としては良くても、濃い味嗜好になってしまい、他の部分で高カロリー摂取になりやすくなります。
カロリーが低ければいいわけではないのがダイエットの難しいところです。
 
 
もちろん、参考にするのは大事です。ご自分の身体を維持する栄養になりますので、カロリーだけでなく、内容物にも興味を持って確認して頂くと良いと思います。
 
 
それでは皆さま、レッツ確認!


ダイエットの最新記事

症状別記事